スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イルカと水銀と二日酔い

*

太地の追い込み漁を盗撮した映像がアカデミーのナントカ部門の賞をとったそうだ.
撮影手法や自然保護とイルカ愛護を結びつけていることに違和感を甚だ感じるが,この点は今日は置いておいて….

イルカ肉の水銀汚染からイルカ愛護の世論を喚起させたい思惑を感じる.
イルカやクジラは水銀含有量が多いのは確かだとは思うが,彼らは基準値を超えているから食べてはダメだと仰っている.

この基準値という尺度は簡単に言うと,その食品を毎日ふんだんに食べて健康に害が生じるであろう濃度に個人差を加味した厳格な値である.食べた瞬間に泡を吹いて倒れてしまう濃度では困るが,基準値から多少多い食品を毎日の食卓に1品程度をちょっと食べた程度では問題ない.

それに昔からクジラをふんだんに食してきたボクなどは彼らの言うことを信じれば水銀中毒になっていてもおかしくないはずであるが,頭が悪い程度で健康である.

日本人が食品から摂取する水銀量を計算すれば,クジラやイルカ由来の水銀よりもマグロ由来の水銀のほうが遙かに多いだろう.

イルカ肉の食用はそんなにナーバスになる問題ではない!とボクは思うのである.

それよりも致死量に近いアルコールを摂取して二日酔いになるほうが遙かに危険だと思うのである.

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

伝右衛門

Author:伝右衛門
きままに撮ってます

・fotologue

・LINK FREE!

Copyright(C)2010. DEN-E-MON. All rights reserved.

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
My Gear
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。