スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜の住人

*

浜の住人と言えば,ウミネコだ.
浜にいるときは決まって海の方向を向いている.
そして川で時々水浴び.
その行動は興味深いが,写真に収めるのはなかなか難しい….
スポンサーサイト

キラキラ

*

このところ忙しさと疲労となまけ心から写真撮りに行ってないっす!

波の飛沫のキラキラ感をどうやって撮るか….
むずかしい….

切欠

*

この光景に出会ってなければ海を撮り続けてなかったかもしれない.
2年前の冬の日.

See you 湘南

*

次の湘南はゆっくりしたい.

初めての湘南

*

21日,22日と初めて湘南へ.出張で….

爆弾低気圧の21日.湘南は暴風!
まともに立っていられない!!
スーツのポケットと耳と口の中は砂でじゃりじゃり.
初めての湘南は「激しい湘南」
でも,こんな天気でもウィンドサーファーが大勢いたのに驚き!

22日.天気が良いので仕事前にちょっと江ノ島へ.
穏やかな朝.富士さ~~~ん!
海岸を覆うような広い波.南房総とは違う!
サーファーの雰囲気も違う!華やか~.
仕事じゃなかったら….もっとノンビリ出来たのにーーーー!

この2日間,スーツ姿で海岸を散策してたボクは周囲から完全に浮いていた…w






明けゆく

*

左,日の出方向.
白みつつある稜線と,右側のうっすらと夜を残す稜線.

Color of Wave

*

河口にあるこのポイントは降雨後には海が茶色になったり,海流が速いと砂が舞い上がり映えない色になってしまうことがある.海の色って重要.

History

*

キヤノンのHPを見ていたら初めてみたデジカメを見つけてノスタルジー.
パワーショット350という35万画素のデジカメ.
大学の後輩が買って,ちょっと使わせて貰ったけど液晶がカクカク動いて使い物にならずにデジカメってこの程度なのかぁ,と思ったけど,あのシャッターを切る気軽さに憧れた.

その次のデジカメはコダックorニコンの一眼レフみたいな形をしたカメラ.大学が購入した画像解析システムの付属品.プロ用というふれこみで100万画素くらいだったのではなかろうか….記憶媒体がハードディスクだったのが印象的.

そして自分で買った初めてのデジカメはリコーのDC-3Z.たしか35万画素.やっぱり使い勝手が悪く,ほとんど使わず後輩に0円で譲渡.

2台目のデジカメはIXY Lって言う400万画素くらいのカメラ.いつも持ち歩いていたけど,バッテリーの保ちが悪くほとんど使えず….

で,今のα700とα900の2台体制で落ち着いております.



日の出時間

*

朝起きると外は明るい.
めっきり朝が早くなってきた.
日の出前の景色を撮るのが辛いー!

地震

*

最近,地震が多いですな.
海沿いから離れた地域は地震後の対応がノンビリしているようだ.
表に飛び出す人は誰もいない….

海沿いの集落では津波避難が基本です.

イルカと水銀と二日酔い

*

太地の追い込み漁を盗撮した映像がアカデミーのナントカ部門の賞をとったそうだ.
撮影手法や自然保護とイルカ愛護を結びつけていることに違和感を甚だ感じるが,この点は今日は置いておいて….

イルカ肉の水銀汚染からイルカ愛護の世論を喚起させたい思惑を感じる.
イルカやクジラは水銀含有量が多いのは確かだとは思うが,彼らは基準値を超えているから食べてはダメだと仰っている.

この基準値という尺度は簡単に言うと,その食品を毎日ふんだんに食べて健康に害が生じるであろう濃度に個人差を加味した厳格な値である.食べた瞬間に泡を吹いて倒れてしまう濃度では困るが,基準値から多少多い食品を毎日の食卓に1品程度をちょっと食べた程度では問題ない.

それに昔からクジラをふんだんに食してきたボクなどは彼らの言うことを信じれば水銀中毒になっていてもおかしくないはずであるが,頭が悪い程度で健康である.

日本人が食品から摂取する水銀量を計算すれば,クジラやイルカ由来の水銀よりもマグロ由来の水銀のほうが遙かに多いだろう.

イルカ肉の食用はそんなにナーバスになる問題ではない!とボクは思うのである.

それよりも致死量に近いアルコールを摂取して二日酔いになるほうが遙かに危険だと思うのである.

Atomsphere in BOSO 

*

しっとりとした空気.
華やかさやお洒落感ではなくて,どこに行っても田舎というか…いぶし銀な感じ.
それが南房総だと思う.

まぶちー!

*

眩しさに眼がくらんで撮った一枚.
薄曇りとまぶしい日には弱い….

波に乗り遅れる

*

SILKYPIXを導入して数ヶ月.よく使う機能が何となく分かってきたつもり.
調子に乗って昔の写真も現像.
雰囲気がガラリと変わって奥が深い.
使いこなせれれば,もっといろいろなことが出来るのだろう.

もっと早くからデジタルに取り組んでいれば…と後悔.
時代or技術の波に乗り遅れたー!

テーマ : 海のある風景
ジャンル : 写真

春装備

*

そろそろサラッサラッな雪は無理かなぁ…?
防水も考慮した装備に切り替えないと!!

夕陽

*

今冬の最大の収穫は南房総の外房側の海岸線も夕陽で染まることが分かったこと.

当地の夕陽の印象は,
東西北と山に囲まれるため染まる頃合いに山の影で海岸線は真っ暗
水蒸気でドンヨリ
…と,非常に暗い

日本海側の鮮烈な夕陽に比べれば物足りないけどー!

早起き

*

日の出前から目がパッチリ.
早起き生活が板に付いてきた.
反面,夜にはめっぽう弱い!

日の出の前後でがらりと変わる意外なものがある.
それは風の香り.
ボクの早起きの楽しみです.

津波

*

地球の裏側の地震で津波が来る.

その反対.
日本発チリ行きの津波もあるのだろうか?
プロフィール

伝右衛門

Author:伝右衛門
きままに撮ってます

・fotologue

・LINK FREE!

Copyright(C)2010. DEN-E-MON. All rights reserved.

カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
My Gear
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。